モベキマス

2017/11/10

謎の単語「モベキマス」 いや、別に知ってる人は知ってるわけだけど。モー娘。、ベリ工、℃-ute、スマイレージの略だということはみればわかる。が、「マ」が問題だ。モベキスマならわかるのだが。。。で、調べた。

「マ」はまのえりの事だった。

春の嵐/真野恵里菜

D

テクノ歌謡である。2010年のまのえりはテクノ歌謡をやっていた。低音が弱すぎてあれだが、それ以前の「売れない単独アイドル路線」よりはマシなサウンド。


お願いだから・・・/真野恵里菜

D

同様にテクノ歌謡路線である「お願いだから」 これも低音が弱くて泣ける。リズムが入ってきても低音の押し出しが弱すぎて効果が出ていないという。。。チョット可哀想だよなぁ。。。


「元気者で行こう!」は明らかに路線が違うので飛ばすとして



青春のセレナーデ/真野恵里菜

D

テクノというよりユーロ歌謡。これも徹底的にリズムが出てこないマスタリング。後ろで鳴ってるんだけね>低音 そこを起こすだけで相当違った印象になると思うんだけど、そういうことには興味がないんだなぁ。。。<作り手



My Days for You/真野恵里菜

D

テクノ色をギリギリまで抑えつつ、ネオ渋谷系を視線の端に捉える「My Days for You」今回取り上げた曲の中では最も凝った作りのトラックになっている。この曲調ならもっと透明感のある重ねのほうがいいと思うが、ネオ渋谷系にはしたくなかったんだろうたぶん。



ハロプロのメインフレームの中では唯一のソロ歌手となってしまったまのえりだが、どこに行きたいのか、わかんないなぁ。。。つんく♂から離したがってるのはわかるんだけど、どうも作り手の側に決定的にノウハウがない感じで。それこそスマの「ショートカット」クラスの曲をあげたらいいのにとか思っちゃいますね>まのえり


おまけ

はじめての経験/真野恵里菜

D

四つ打ちが弱すぎて泣けてくる和モノハウス路線の「はじめての経験」 低音足してやりてぇ。。。サウンドだけなら今回取り上げた中では最高峰。サビ前からサビにかけての進行が最高! ハロー系に限らずJ-POPはそこで「こける」のが大部分なだけに、サビ前から加速していくこの曲は異色中の異色。それだけにへなよわな和モノハウスっぽいマスタリングが泣けてくる。イントロからAメロにかけてが一番弱いのでそこで投げずにサビ前まで聞くこと! あと、このタイトルはないよなw あと、短すぎるだろこれ。90秒足りない気がする。尺が適正で、キックがきちんと入っていて、低音が嫌というほどブリブリ鳴っていたら同時期のPerfumeなら撃墜できたかもしれない。それくらい疾走感にあふれた「未完の名作」ちなみに作曲はあのKANだw


南波ちゃん好きな人は聞くといいと思うよ>はじめての経験


おまけのおまけ

世界はサマーパーティー/真野恵里菜

D

タイトルだけかっこいい。世界は~と来たら「世界はゲットーだ!」だし、サマーパーティと来たら「セカンドサマー・オブ・ラブか!?」と思うじゃないですか(思わないか。。。) 青春歌謡ですからねw 質だけやけに高いのが皮肉。こういうのは、アニソンでしか需要ないですよ、マジで。 ちなみに、このPVのバックで踊ってるのは賑やかしのエッグさんじゃなくてれっきとしたスマイレージだw